婦人科

一般婦人科外来

女性におこりやすい体の不調

女性特有の病気は、月経やホルモンバランスの乱れが関係していることが多くあります。体がSOSを発信していても、生理痛に慣れている方などはそのサインを見逃してしまうことも。また、誰にも相談せず、一人で抱え込んでしまうという方も実際に多くおられます。当院は女性医師による診察も行っております。お気軽にご相談ください。

イメージ

月経にまつわる不調や悩み
生理不順、無月経、生理前におこる頭痛や吐き気(月経前症候群/PMS)など、月経にまつわる体の不調はさまざまです。まずは内診と血液検査でホルモンバランスをチェックし、症状に合わせて内服薬を処方します。
不正出血
生理以外で出血がある場合は、ホルモンバランスの崩れ、子宮筋腫や子宮がんなどの可能性があります。すぐに検査を受けられることをおすすめします。
おりものや分泌物による悩み
おりものの量が急に増えたり、カッテージチーズ状だったり、悪臭とかゆみが伴ったり…そのような場合には、性器の炎症や感染症の可能性があります。すぐに検査を受けられることをおすすめします。
排尿時の不快感
排尿時に痛みや不快感がある場合は、膀胱炎の可能性があります。膀胱炎は泌尿器科だけでなく婦人科でも治療することができます。痛みが続くような場合には、早めに受診されることをおすすめします。
下腹部のハリや痛み
生理痛以外で下腹部が痛む場合は、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫の可能性があります。すぐに検査を受けられることをおすすめします。
また、婦人科以外に内科的要因の場合もありますので、注意が必要です。
性病検査
クラミジア感染症、淋病、膣カンジダ症、膣トリコモナス症、梅毒、細菌性膣症、HIV感染症/エイズなど、性病の種類は多数あります。もし可能性があるようなら、パートナーともに受診と治療が必要です。           ※男性パートナーの方には泌尿器科での受診をおすすめします

PAGE TOP