産 科

ウエナエの「お産」とは

ウエナエが考える「良いお産」とは

「良いお産」とは、どのようなお産なのでしょうか。
これはお産を扱う我々の永遠のテーマでもあります。お産の形は千差万別で、妊婦さんの数だけお産のスタイルがあります。「良いお産」というのも、人によって違うのかもしれません。
そんな妊婦さんお一人おひとりに寄り添い、母体と胎児の安全と健康を守りながら、心から満足のいくお産へと導くこと。これがウエナエ産婦人科が心がけているお産です。その先に、必ず「良いお産」があると、我々は考えています。

Good Delivery

イメージ

ふたつの命を預かる責任

母体と胎児の健康を盤石の体制で管理することは、産科の基本です。そのため、当院で処置できないような危険な状態が発生した場合は、速やかに提携先の総合病院へ搬送できる体制をとっています。ふたつの命を預かる責任の重さを常に感じながら、「次回もこの病院で産みたい」と言っていただける病院を目指しています。

Responsibility

イメージ

提携先病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 産婦人科/小児科(新生児集中治療管理室) 淀川キリスト教病院  産婦人科/小児科(新生児集中治療管理室)
社会医療法人 愛仁会 千船病院 産婦人科
大阪市立総合医療センター その他

PAGE TOP