お子様を望まれる方へ

当院の不妊症治療について

治療までの流れ

1

まずはカウンセリングで現状をお聞きします
基礎体温をつけている方はご持参ください

お聞きする内容
・ 過去3ヶ月間の月経について  ・ 不妊期間(お子様を希望されてからの期間)
・ 治療歴の有無  ・ 不安や心配事  など

2

必要な検査を受けていただきます

初診では、その時期に可能な検査から始めます。
もし初診時が月経中でも大丈夫です。月経中に必要な検査をしますので差し支えはありません。
女性の検査…ホルモン検査 / 超音波検査 / 卵管検査 など
男性の検査…精液検査 など

3

検査結果に基づき、治療方針を決定

検査の結果をご説明し、ご夫婦に合わせた今後の治療方針をご提案します。その場で決める必要はありません。ご夫婦でご相談の上、治療を進めるかどうか、どの治療にするかを決めていただきます。

4

ご夫婦に合わせた治療がスタート

再来院いただき、今後のご希望をお聞きいたします。そして、ご夫婦に合わせた治療を再度説明させていただいた後、治療がスタートします。

当院の治療方法

自然周期によるタイミング療法
経膣超音波で卵胞や子宮内膜の厚さを測定し、排卵のタイミングをお伝えします。
‘療法’といっても、自然妊娠と変わりはありません。この方法で妊娠される方も多くいらっしゃいます。

排卵誘発剤によるタイミング療法
排卵しにくい体質の方や、自然周期によるタイミング療法を続けても妊娠に至らない場合には、排卵誘発剤を用いたタイミング療法を行います。
まずは内服によるクロミフェン療法を行い、効果が得られない場合は注射によるゴナドトロピン療法に切り替えます。

人工授精 ※配偶者間人工授精(AIH)
夫の精子を使って人工授精を行う治療方法です。元気の良い精子を回収し、排卵のタイミングに合わせて子宮腔内に注入します。 精液処理・人工授精の所要時間は約2時間です。当院では、この治療法に関して高い技術を持つエンブリオロジストが行います。

男女産み分けについて
男児か女児かは、卵子がX染色体で、精子は、女の子をつくるX精子と男の子をつくるY精子の 2種類があり、それぞれが受精することで性別が決まります。
そのX精子は酸性に耐性をもち、Y精子はアルカリ性に耐性をもちます。
その特性を利用し、ゼリーを用いた産み分けを行っています。
産み分け方法を実践しなかった場合、男女どちらかの産まれる確率は約50%です。
産み分けの方法を実践する事により、約80%の産み分けが可能とされています。

当院は全国の産婦人科医によるSS研究会(Sex Selection研究会)に参加しています。

PAGE TOP