婦人科

更年期外来

更年期にみられる体の不調

個人差はありますが、だいたい45歳頃から55歳頃までを更年期といいます。更年期に入ると、閉経という自然現象とともに、身体の変調が訪れます。 更年期障害とは、エストロゲン(女性ホルモンの1種)の分泌量が少なくなることで、自律神経失調症状があらわれます。一番多いのは、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりや、のぼせ、発汗です。その他にも、神経過敏症、疲労感、イライラ、めまい感、不眠症、憂うつ、動悸、記憶力衰退、頭痛、冷え、しびれなどがあらわれます。

イメージ

更年期障害の症状

血管運動神経症状
のぼせ、 動悸、 発汗、 肩こり、 ほてり、 息切れ、 冷え、 手足のしびれ など
精神神経症状
イライラ、 めまい、頭痛 、不安感 、抑うつ、 脱力感、 頭重感 、不眠傾向 など
泌尿/生殖器症状
尿もれ、 腟の乾燥感、 性交障害、 粘膜のしみる感じ など

当院の治療法

ホルモン補充療法
年齢とともに不足する女性ホルモン(エストロゲン/プロゲステロン)を補い、自律神経のバランスを整える治療法です。当院では肝臓に負担をかけずに皮膚から吸収する「貼り薬タイプ」を採用しております。
この治療法には健康保険が適応されます。(一部例外あり)
漢方療法
ホルモン補充療法に抵抗がある方には漢方療法をおすすめしております。
ホルモン補充療法との併用も可能です。
この治療法には健康保険が適応されます。(一部例外あり)
栄養療法(サプリメント)
血液検査の結果から、身体に不足している栄養素を見極めて補充します。
毎日の食習慣を改善し、身体の中からアプローチする療法です。

PAGE TOP