婦人科

避妊/人工妊娠中絶

IUD(子宮内避妊器具)

子宮の中に小さな器具を入れ、受精卵が着床できないようにする方法です。一度の挿入で約2年間避妊効果があります。装着後には定期検診が必要です。 高い避妊効果を持つ手段として使用されていますが、100%避妊できるとは限りません。

副作用と注意事項
月経血量の増加や生理痛、下腹部痛、不正出血を引き起こすこともあります。出産経験のない方、子宮筋腫などの疾患をお持ちの方には適していません。

子宮内避妊器具

緊急避妊とは

避妊に失敗した場合や、望まない妊娠を回避するため、性交渉後72時間以内に緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を服用し、受精卵の着床を防ぐことを緊急避妊といいます。緊急避妊用のピルの処方には医師の診察が必要です。

当院で採用している緊急避妊薬
(モーニングアフターピル)
当院では緊急避妊薬として「ノルレボ錠」を採用しています。性交後72時間以内に1錠服用します。
副作用と注意事項
頭痛や吐き気、その後の月経周期の乱れなどが起こる可能性があります。

人工妊娠中絶

初期の妊娠なら、日帰り対応も可能です。人工中絶の手術は、母体保護法指定医だけが行うことになっています。当院では、おひとりお一人の状態に合わせ、安全で体に負担をかけない手術をしております。患者さまの心身の負担ができるだけ軽減するよう、サポートさせていただきます。

人工妊娠中絶

手術の流れ 手術の流れ
IUD(子宮内避妊器具)の費用 (自費診療)
挿入 39,960円 (税込)
入れ替え 48,600円 (税込)
抜去 19,440円 (税込)
緊急避妊の費用 (自費診療)
ノルレボ錠 17,000円 (税込)
人工妊娠中絶の費用 (自費診療)
129,600〜162,000円 (税込)

PAGE TOP