婦人科

アンチエイジング外来

アンチエイジング外来とは

アンチエイジング外来と聞くと、エステのような美容系の医療と思われがちですが、本来の意味は「理想的な健康状態を維持するための予防医療」のことを指します。
婦人科では「ホルモン補充療法」が一般的ですが、当院ではその他に、身体に不足している栄養素を補う「栄養サプリメント療法」をご紹介しています。患者様のライフスタイルに合わせてご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

アンチエイジング外来

プラセンタ療法

プラセンタとは「胎盤」のことで、人体の成長に欠かせない物質が多く含まれています。
また、ホルモンバランスや自律神経を整える作用、美肌や美白などの美容効果も期待されています。

国内で唯一薬事認証を受けたヒトプラセンタ
当院で採用しているプラセンタ薬剤は、人の胎盤抽出物を用いたヒトプラセンタです。
有効成分の吸収が早く、高い効果が期待されています。
副作用と注意事項
ヒトプラセンタを用いたプラセンタ注射剤は特定生物由来製品のため、処方にあたり
医師などから内容の事前説明を受けていただく必要があります。
またヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤の使用歴がある方には、献血制限が課せられます。

栄養療法 (サプリメント)

人間には元来、自然治癒力が備わっています。その自然治癒力を最大限発揮するための要素は、実は栄養なのです。当院では、血液検査データから栄養素の過不足を解析し、必要としている栄養素を補います。

栄養療法イメージ

プラセンタ療法/栄養療法の費用 (自費診療)
プラセンタ療法 4,320円 (税込)
栄養解析(カウンセリング含む) 21,600円 (税込)

PAGE TOP